IT活用による経理業務の削減

経理業務にまだ「費用」と「時間」をかけ続けますか?

経理業務に係る費用は膨大です。

営業マン等の経費精算手続き、経理職員の人件費、代表者自身の確認時間、膨大な決算書類の倉庫保管料…

経理業務をいくら頑張っても利益を生み出すことはありません。

経理コストを最小化したいと思いませんか?

経理業務は「最先端テクノロジーの活用」により圧倒的コスト削減が可能です。

■経理業務の多くはすでに自動化が実現

膨大な取引数に対して、「通帳を記帳し」、「請求データと一致を確認し」、「会計システムへ入力を行う」作業を複数の人数で行っていませんか?

経費精算手続きのためだけに、営業マンが交通費、残業代をかけて事業所に戻っていませんか?

このようなコストはIT化により大幅に削減できます。

例えば、

・銀行口座へ売上入金があると、AIが自動で会計処理を行う

・営業マンの交通費精算手続きが、Suicaをリーダーにかざすだけで終了する

・従業員の立替経費レシートをスマートフォンで撮影するだけで会計処理ができる(承認者の承認手続きもスマートフォンでワンタッチ終了)

このようなことはすでに実務上実現されています。

経営者にとって必要なものは経理業務により作られる「集計結果」(決算数値)であり、「集計作業」にかかるコストは最小化が必要です。

経理業務のIT化は、”利益を生み出す”ための創造的業務に人材を集中させることを可能とします。

■”クラウド”の誕生による圧倒的コスト削減

驚くべきはこうした効率化を可能とするシステム導入が”クラウド”の誕生により、従来の会計ソフトウェアよりも「低いコスト」で導入可能となる点です。

■これまで長期間保管していたレシート等もスマートフォン撮影後廃棄が可能に

平成29年1月1日より、長期間保管が必要であった領収書等をスマートフォンで撮影後、廃棄することが可能になります。(所定の手続きが必要です。)

事務所の片隅に置いてある決算関連書類のために、家賃をいくら払っていますか?
決算関連書類の外部倉庫料に年間いくら払っていますか?

IT化はこうした決算関連書類の保管においても”圧倒的コスト削減”を可能とします。

本社の会議室不足に悩まれている方はいませんか?
本社にカフェのような休憩スペースを用意したいとお考え方はいませんか?
決算関連書類を電子化するだけでこれらのスペースが生まれるかもしれません。

■コストは削減出来そうだけどITが苦手

ITは「便利そう」、だけど「何をして良いか分からない」、「想定外のトラブルに対処する自信がない」。。。
このように思われている方も多いのではないでしょうか?

例えば「電子メールでPDFファイルを送る」ことが出来なくとも、詳しい人が横に座って、同じ画面を見ながら方法を教えてもらえれば何となく出来るようになる気がしませんか?

ITに関連する問題は、詳しい人が一人いるだけで瞬時に解決します。

ITシステムの導入は弊事務所が行います。また、ご利用される方の操作方法はマンツーマンでご説明させて頂いておりますので、全くIT知識のない方でも問題なく導入が可能です。

弊事務所ではIT導入時の支援だけでなく、貴社における業務が安定的に運用に乗るまで「継続的」かつ「全面的」にサポートさせて頂きます。

詳細・最新情報等、お気軽にお問い合わせ下さい。